一から知りたい!墓じまいとはどんなこと?

そもそも”墓じまい”とは?

日本には亡くなった親族の遺骨を保管するためにお墓を作る文化があります。
しかし、凄まじいスピードで進む少子化により、継承者のいなくなるお墓を片付けて管理者に返還する「墓じまい」が近年増加しているといいます。
墓じまいの方法としては、まず墓地の管理者に遺骨の移動を届け出ます。その後、遺骨を取り出す閉眼供養という儀式を行い、墓地を改葬します。遺骨を同一の寺院で移動したり、別な移転先へ改葬することもあります。遺骨を別なお寺へ移動する場合は、お寺へお礼として離檀料を払います。そして、墓地の撤去し、更地にして土地を返還します。撤去費用は条件によって大きく異なるため、事前に石材店に見積もりを依頼すると良いでしょう。

お墓は残す?残さない?

少子化や核家族化の影響を受け、後継者のいないお墓を撤去する”墓じまい”が近年増加してきています。
お墓は親族の遺骨を代々保管するための場所であり、生かされた者がご先祖様を供養する場所でもあります。
”墓じまい”するということはそんな場所をなくしてしまうことにもなります。
それではどうして”墓じまい”をするのでしょうか?
大きな理由として、お墓を管理する人が少なくなってしまうことで、残された親族が十分に管理できない、また管理に時間的かつ金銭的な負担がかかることが挙げられます。仕事のために都市部へ進出する人口が増えたことで、地方に残したお墓の管理が難しくなるケースが多いようです。
家族のつながりを作っていた、お墓。”墓じまい”は現代の家族のあり方を反映しているのかもしれません。