どんな手順があるの?墓じまいの方法とは

まずは状況を確認して、遺骨の行き先を決めよう!

墓じまいでは、まずお墓の状況を確認することから始まります。誰の遺骨なのか、数量や大きさなどを把握するといいでしょう。そして、遺骨の行き先を決めるのも重要です。お墓を守る人がいなくて墓じまいする場合は、維持や管理費の掛からないところがいいでしょう。例えば、公営墓地や永代供養・散骨になります。遠方に住んでいる時や高齢で墓参りが出来ない時は、納骨堂も一つの手段です。しかし、納骨堂では、維持管理費が掛かります。また、墓じまいの前に、祭祀継承権を確認しましょう。何故なら、遺骨やお墓のことは祭祀継承権が権限を持っているからです。親族間でトラブルを減らすためにも、祭祀継承権を持った人と親戚内で話し合い、全ての人が納得してから墓じまいをしましょう。

墓じまいの手続きや方法

墓じまいで新しいお墓になる場合は、改装許可申請をします。自宅供養や散骨の場合は、申請がいりません。納骨堂や新しいお墓に行く時は、お墓を管轄している市区町村に行って手続きをするのです。お墓の撤去は墓石屋などの専門業者に依頼します。遺骨をメンテナンスしてもらった後に、新しい行き先に行くのです。永代供養にする場合は骨壺内の水を抜き、骨壺を綺麗にします。散骨は乾燥して粉骨してから撒くといいでしょう。納骨堂に行く場合は、遺骨を洗って乾燥・殺菌してから、新しい骨壺に入れます。自宅供養の場合は、遺骨を綺麗にして真空パックに入れるのです。もし、土葬していた場合は、火葬をしてから新しい行き先に渡します。墓石の撤去をして更地にした後、墓地管理者へ永代使用権を返して終了です。