どこを見ればいい?墓じまいの見積もりでチェックしたいポイント

将来に備え、墓じまいを考える人が増加中

「家の継ぎ手がいない」、「遠方に引っ越したため、お墓の管理が難しくなった」などの理由で、これまで管理をしてきたお墓を撤去する「墓じまい」を考える人が多くなってきました。
墓じまいを考えるご本人、または家族・親戚には「ご先祖様の眠るお墓を撤去するなんて、なんだか申し訳ない」と考える人もいるかもしれません。しかし、手入れができないお墓はどんどんあれていきますし、また、将来的には誰も管理をすることがなくなり無縁墓になることも考えられます。
管理できなくなってしまったお墓を放置しておくと、お寺や周囲の人にも迷惑がかかります。自分の代で墓じまいをすれば、子どもや孫の代まで心配をかけずに済みますね。
後々、残されていく人達に不安を残さないためにも墓じまいの選択も視野に入れておくと良いでしょう。

知っておきたい、墓じまいにかかる費用のこと

墓じまいのためには、どんな費用がかかってくるのでしょうか。
まずは、お世話になっていた寺院の檀家を抜けることになり、ここで「離壇料」いう費用が発生します。離壇料はお寺とのお付き合いの長さ、宗派などで変わりますが、一般的に10万~20万くらいとされています。
また、お墓を撤去する前にお墓からご先祖様の魂を抜く「脱魂式」が行われます。その際に納めるお布施も必要です。お布施ですから、決まった額はないのですが、心配なときは住職さんに聞いてみましょう。
そして、肝心な墓石の撤去にかかる費用。処分も行わなくてはなりませんから、個人で撤去することは現実的ではありません。石材店や墓石撤去の業者さんに頼むと良いでしょう。信頼できる業者をしっかり選ぶためにも複数社から見積もりを出してもらい比較検討することをおすすめします。
つい先送りになってしまう墓じまいのこと。のちに心配を残さないためにも早めに考えたいですね。