あせらず慎重に!後悔しない墓じまいの選び方

今のお墓を無くして近くに新たに設置

日本では人が亡くなれば火葬をする決まりになっています。火葬の後は特に決まりはありません。といっても何をしてもいいわけではなく、自分の庭などに勝手に埋葬をしたりはできません。お墓を建てる時には、お墓を建てても良い場所を選択して設置します。故人の菩提寺であったり生まれ故郷、景色のいいところなどいろいろな墓地がありますから、その中から最も良いところを選びます。しかし、建てた後にお墓参りに行きづらいところだと管理に困ります。そこで墓じまいを検討します。墓じまいは、今のお墓を撤去してお骨を別の所に移す行為を差します。管理が難しいのであれば、もっと管理がしやすい近所の墓地を確保し、そちらに設置すると良いかもしれません。

お墓を持たない選択肢を取る

お盆やお彼岸といえばお墓参りをする日として知られています。子供のころであれば、誰が眠っているのかも知らないお墓の前で手を合わせた記憶がある人もいるでしょう。それぞれの家は代々後を継ぐ習わしがあり、後継ぎは先祖のお墓に入ります。そして子孫はそれを守ります。一方後継ぎ以外は先祖の墓には入れないので、墓を建てるなら別の墓を作らなくてはいけません。代々続く墓なら誰かが管理をしますが、後継者がいない墓などもあります。この時は墓じまいを検討し、お墓を持たない選択肢も検討します。お墓がなくても手元供養であったり散骨、合同タイプの永代供養所の利用など選択肢は豊富にあります。家族で話し合って、最も良い方法を選びましょう。